参考になる健康情報を提供する


by sera2013

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

不妊治療

世界中で500万人以上の子どもたちが、体外受精(IVF)におけるを通して生まれてきた。しかし、精子と卵子の操作は、がんへのこれらの子供たちはやすくなるかもしれないという懸念は、英国の研究者が調査するように指示。

しかし、IVF練ら子どもたちへのリスクがあることが判明した "自然に考え出さ子供と同じで、"主任研究員博士アラステア・サトクリフ、ロンドン大学での一般的な小児科の専門家は述べています。"これは、彼らが成人に成長するように彼らの将来の健康のための有望な兆候である"と彼は言った。
"すべての既存の研究よりも大きい[あるこの研究、]は、家族、不妊治療の専門家と国民に強力で、安心のメッセージを持っている"サトクリフが追加されました。"すなわちIVFで考案106,000子どもたちのほぼ100パーセントの範囲で、小児がんの率は、同じ時間枠の上に自然に考案子供のそれとほぼ同じであったこと。"
がん全体のリスクは、これらの子供たちのために上昇しなかったが、癌の2以下の一般的なタイプの発生率が予想より高かった。

米国の専門家は、で11月7日に出版された調査結果に満足していたニューイングランドの医療ジャーナル。
"この研究は非常に安心で、体外受精について誰の不安を和らげる必要があり、"博士ローレンスグリュンフェルト、ニューヨークのマウントサイナイ医科アイカーン学校、准臨床産婦人科の教授、産婦人科と生殖科学は述べています。

研究はそれを発見した体外受精を通じて考案の子供たちのほとんどの医療問題は手順の結果ではなく、病気や、そもそも親の不妊の原因となった根本的な問題のための遺伝的リスクにさかのぼることができ、グリュンフェルトは言った。

研究のために、サトクリフのチームは1992年と2008年の間に生殖補助を通じて生まれる以上106,000子供にデータを収集した。そして、彼らは15歳前に、一般集団の子どもたちの間で癌の予想数と癌を持っていたそれらの子供の数を比較した。
フォローアップの約7年間の平均の間に、研究者は予想約110と比較して、子どもたちに108の癌を同定した。

体外受精を通じて考案子供たちの間で、白血病のリスクの増加、神経芽腫(神経組織のがん)、網膜(眼の癌)、中枢神経系腫瘍、腎臓癌や生殖細胞腫瘍と呼ばれるがんのグループがありませんでした。

2つの比較的稀な癌の小さなリスクの増加は、しかし、がありました。最初は、肝芽腫、肝臓癌、および横紋筋肉腫、骨をつなぐ組織の癌であった。IVF後に生まれた以上に106,000人の子供、6開発肝芽腫と10横紋筋肉腫のうち、研究者が見つかりました。
博士トメル歌手、ニューヨーク市でレノックス・ヒル病院で産科医と婦人科医は、こうした珍しいがんの両方のは非常に良い治療と生存率を持っていると述べた。
"本研究では、この技術が安全であることをデータを安心与え、"シンガーは述べています。
[PR]
by sera2013 | 2013-10-16 06:59